お薬手帳を有効活用していますか?

お薬手帳カバー作成webサービス

お薬手帳は、医者、薬剤師そして貴方のための連絡帳です。

お薬手帳ってなんですか?

最近、病院や薬局で「お薬手帳をお持ちですか?」などと聞かれたご経験はありませんか?既にご存じの方も、沢山いらっしゃるかとは思いますが、簡単にご紹介させて頂きます。「お薬手帳」とは、あなたやお子さん、ご家族ひとりひとりのお医者さんから処方されたお薬の内容を時系列に記録するための手帳です。このように処方されたお薬の記録を残しておくことは、将来大きな病気にかかってしまった時、怪我をしたときなど医療を受けるときにとても役に立つ情報となります。

どうしてお薬手帳が必要なの?

お薬に対してアレルギーがある方や、食べ物に対してアレルギーがある方は、服用することができないお薬などもあります。そういったアレルギー情報や、あるお薬を飲むと下痢をしてしまうことや、とても眠くなってしまうなど、あなたに合わないお薬の情報を記録しておくことで、そういった合わないお薬が処方されないようにすることが出来るようになります。また複数の病院にかかったときなど、お薬の飲みあわせが悪いもの同士が処方されないようにすることや、同じ効果のお薬が重複して処方されないようにするためでもあります。お薬の中には飲みあわせで効果がなくなってしまうものや、副作用がでやすくなってしまう組合せも数多くあるので注意が必要です。ドラッグストア等で市販薬を購入されて服用されている事や、健康食品等と摂られている場合にも、お医者さんから処方されるお薬と影響しあってしまうものもありますので、このような情報もお薬手帳に記載しておくことが大切です。

どうやって活用したらいいの?

まずは医療機関を受診するとき、薬局でお薬を調剤してもらうとき、そしてドラッグストアや薬局等で市販薬を購入するとき等に持参して医師・薬剤師に見せるようにしましょう。上に書いてあるようなアレルギー等をお持ちの方で書き方がわからない場合には、遠慮なく薬剤師にご質問ください。きっとその場で記載してくれることと思います。
また、薬局で記録してもらうだけが活用方法ではありません。あなた自身があたな自身のことを記録するためにもお使い頂くことが出来ます。例えば、あるお薬を飲んだとき「とても眠くて辛かった」とか「下痢をしてしまった」、「とてもだるくなってしまった」等普段と違った感じがあったら、それを記録しておき、次回医療機関にかかった際に伝えたい事柄としてをメモしておくことも有効です。また、慢性疾患等の場合にも「○月○日とてもダルく微熱があった」等の症状や体調の記録をしておき、次の受診の時にお医者さんや薬剤師にお伝え頂くこともとても大切なことです。逆に「このお薬を飲んだらとても体調が良くなった」、「○月○日とても気分よく1日を過ごせた」等ポジティブな記録も良いかと思います。つまりあなた自身のことをあなた自身で記録し、医師や薬剤師にそれを伝えることであなたの健康や病気との付き合い方をよりよい方向へと導く手段としてお使い頂くと良いでしょう。

どこで貰えますか?無料なの?

処方せんを受けつけている薬局にて、お申し出ていただければおそらく無料で貰えることと思います。また記録で手帳が埋まってしまった場合も新しい手帳を貰うことが出来ます。お薬手帳カバーを利用するためのビニールカバーは、すべての薬局で揃えている訳ではありませんが、かかりつけの薬局にて貰えるかどうか聞いてみてください。 また手帳については無料のところが多いことと思いますがお薬手帳に記録を行うことは無料ではありません。1回につき2割負担の方で30円3割負担の方で50円の情報提供料がかかります。ただし高齢者の方については基本料金の中に含まれているため自己負担金額に変わりはありません。平成24年4月の診療報酬改定によりお薬手帳に記録することは、お薬の服用歴や薬局で伺ったお話を記録しておく費用に含まれることとなりましたので自己負担額が変わることがなくなります。

お薬手帳を使うときの注意点

お薬手帳をご利用頂く時にいくつか注意して頂きたい点があります。いくつかの医療機関にかかっている方もいらっしゃることと思います。その際に、医療機関ごとに手帳を作ることはお止めください。複数の手帳にばらばらに記録を付けることは混乱の元になります。一冊の手帳であなたのお薬の記録を作ってこそメリットがあるのです。また、医療機関を受診するときや薬局やドラッグストアで市販薬を購入されるときは、必ずお薬手帳を持参するようにしてください。保険証など、医療機関を受診するときに必ず持っていくものと一緒に管理しておくことをお勧めします。

まさかの時にも役立つお薬手帳

人はいつ何時事故に巻き込まれたり、災害に遭遇するかはわかりません。救急隊のお世話にならなくてはいけなくなることもあるかもしれません。その時に、もしも意識がない状態だったりしたときに、お薬手帳はあなたの身体の状態を正しく正確に救急隊員の方や医師に伝えてくれるツールとなります。また、平成23年3月に東北地方を襲った大地震で被災れた方々の中には、普段服用しているお薬がわからなくなってしまった方も多くいらっしゃいました。医療機関も同じく被災していたため記録を参照することが出来なくなっていたのです。しかしお薬手帳を避難時に持っていらっしゃった方は、避難所でお薬手帳の情報を元にスムーズに普段服用している薬を受け取ることが出来たということがありました。このように、まさかの時に有用な情報を得ることが出来るお薬手帳を普段から身につけてお出掛けされることをお勧めします。

普段飲んでいる薬がないことも情報

薬局でお薬手帳を持たれるようお勧めする時に、よく「普段薬を飲むことはないからいりません。」とおっしゃる方も多くいらっしゃいます。しかし上記のような救急隊のお世話にならなくてはいけなくなったときなど、お薬を飲んでいないことが明確にわかる手段にもなります。アレルギー等がないことや、普段からの服用薬がないこと、持病等がないことが明確にわかることで医師はスムーズに治療を行うことが出来ることでしょう。また、普段お薬を飲まれていない方でも会社の健康診断等で「少し体重を落とされたほうがいですよ」等のアドバイスをもらっている方もいらっしゃるかもしれません。将来、生活習慣病にならないためにもお薬手帳に日々の体重変化を記録することも活用法の一つです。

生涯にわたり自分の手元に残すことができる唯一の医療記録が実はお薬手帳なのです

医療機関や薬局ではあなたの治療の記録やお薬の記録を行なっています。しかしこの記録は5年以上の保管義務がありません。沢山の患者さんがいらっしゃいますのですべての記録を永年保管しておくことは物理的にとても難しいことです。しかし、お薬手帳はご自身で保管することが可能な情報です。多くのお母さんは、お子さんが成人されても母子手帳を大切にお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。同じように医療を受けた記録をお薬手帳を保管することであなた自身が残しておくことが出来るのです。

Illustrations by 村上綾